また在日中国人 また他人のスマホ決済使い不正購入でまた逮捕

蓮舫

福岡県警などの合同捜査本部は、13日、埼玉県戸田市の在日中国人の会社員、林嘯容疑者(30)を再逮捕した。他人名義のNTTドコモの会員ID「dアカウント」を悪用し、パソコンなどを不正購入した、不正アクセス禁止法違反と詐欺の疑い。林容疑者は高齢者からキャッシュカードを欺し盗った疑いですでに詐欺罪で逮捕・起訴されているおり、在日中国人窃盗団の一人。

林容疑者は、ほかの在日中国人3人と共謀し、昨年3月、東京都内の家電量販店でパソコン5台(計約82万円)を、他人名義のクレジットカード情報を登録したスマホ決済で購入するなどしていた。悪用されたdアカウントは、ドコモを装うSMS(ショートメッセージサービス)でメッセージを送り、偽サイトに誘導してIDなどを盗む「スミッシング」という手口で不正取得されていたという。スミッシング行為は在日中国人がよく使う手口であるといい、大規模な窃盗団があるという。県警などは、ほかの在日中国人についても書類送検するといい、林容疑者は「1年以上前のことだから覚えていない」などと容疑を否認しているという。

犯罪ばかりしている在日中国人。日本の治安を著しく悪化させている。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。