在日韓国人、タイで養子554人作る→手当約8600万円を申請→拒否→証明書偽造の疑いも

反日韓国

兵庫県尼崎市に住む韓国人男性が、タイで養子縁組したと称する554人分の手当約8600万円を申請しようとし、市が受け付けを拒否していたことがわかった。6月から支給される月額1万3千円の子ども手当をめぐってのもの。氏名などは公表されていない。

50歳代とみられる男性が22日昼に窓口を訪れ、妻の母国・タイにある修道院などの子ども554人と養子縁組していると説明、子どもの名前や生年月日を記載したタイ政府の証明書を示して、子ども手当を申請したという。市はその場で厚生労働省に照会した上で、受け付けないことを決めた。証明書も本物でない可能性があるという。もともと子ども手当については不正受給の危険性があると予測されていたが、やはり在日韓国人がタカリに来た形。現在のところ、詐欺などの罪には問われていないという。

日本で犯罪ばかりの在日韓国・朝鮮人。特に生活保護や手当などの不正受給は当たり前のように行っている。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。