中国共産党、新型コロナウイルス感染の疑いがある者を病院に近づけず、場合によっては逮捕・拘束も

新型コロナウイルス

中国で数日間にわたり、武漢ウイルスこと新型コロナウイルスへの新規感染者が出ないという異常な事態が続いている。発表では感染者8万1171人、死者3277人(3/25時点)となっているが、中国共産党が公表しないだけで実は100万人以上の感染者がいるという説もある。これについて、武漢市の病院の様子の動画などが密かにインターネット上に出回るなどし、やはり中国のウソが暴かれつつある。

中国のとある病院では、感染疑いのある者の検査が拒否され、警察に連行される事態に。動画の真偽は定かでないが、この動画が出回ったことで、検査しないことで感染者数が見かけ上停滞している説が裏付けられた形。また、実際の感染者は病院ではなく別の施設に強制連行されているともされる。情報漏洩者は逮捕・拘束もされているという。

中国共産党の情報隠蔽は今に始まったことではない。新型コロナウイルス蔓延の責任もアメリカや日本になすりつけようと必死だ。世界一信用できない国としていいだろう。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。