政治資金プリカと「日本死ね」でおなじみ山尾しおりさん、造反し立憲民主党で孤立

山尾志桜里

立憲民主党の山尾しおりさんは、12日、同党などでつくる野党統一会派の会合で、武漢ウイルスこと新型コロナウイルスの感染拡大防止のための「緊急事態宣言」を可能とする改正案の採決で反対することを表明した。立憲民主党は緊急事態宣言の改正案に賛成する方針で、山尾さんが造反を宣言した形。

立憲民主党国対委員長の安住淳さんは、11日、少数である野党に法案をひっくり返す力がない以上、賛否を採決する「事前承認」も、ただ報告するのみの「事前報告」も事実上同じだという趣旨の発言をし、改正案に賛成に回ることを表明していた。しかし山尾さんは、山尾氏は、代表の枝野幸男さんや安住さんを前に「承認があってもひっくり返せないというなら、私たちはほとんどの法案でひっくり返せることはない」「野党議員が承認に加わってもどうせ覆らないと言ったら、野党議員のいる意味はない」などと反発したという。左翼お得意の内ゲバが勃発した形だ。

山尾さんといえば、政治資金でガソリンを買うためのプリペイドカードやコーヒーを買いあさっていたことで知られる。また、「日本死ね!」などと反日思想丸出しで極左暴力集団や過激派を牽引したことでも知られている。さらには政治資金を使いホテルに宿泊、不倫疑惑まで報じられたことがある。もはや立憲民主党にとってもお荷物。議員生命は終わりに近そうだ。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。