韓国産エノキダケで食中毒多発、アメリカで注意喚起 4人死亡

韓国食品 危険

アメリカで、12日、韓国産エノキダケを食べた4人が重度の食中毒により死亡したことが判明した。韓国産エノキダケがリステリア菌に汚染されていたといい、アメリカ当局は「絶対に食べないように」と注意喚起を促している。

韓国産エノキダケにより、アメリカではこれまで17の州で36人が食中毒を起こし、4人が死亡。妊婦6人が感染症を起こし、2人が流産しているという。米FDA(=食品医薬品局)は、韓国産エノキダケを全て回収するようリコール命令を下した。

韓国産の食材といえばそのどれもが大腸菌汚染。原因は、発展途上であるため下水道の整備が追いついておらず、糞尿が河川に垂れ流しになっているからだ。特に韓国産の海産物は汚染が激しく、流通禁止になっている国もあるほどだ。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。