朝日新聞社の過激派編集委員、新コロめぐりTwitterで自滅して炎上

韓国人

極左暴力集団や過激派と懇意な朝日新聞社の編集委員である小滝ちひろさんは、13日、武漢肺炎こと新型コロナウイルスについて自身のTwitterで「あっと言う間に世界中を席巻し、戦争でもないのに超大国の大統領が恐れ慄く。新コロナウイルスは、ある意味で痛快な存在」などと書き込んだ。これが大炎上、非難の声が殺到した。

これについて朝日新聞社は、14日、不適切な投稿をしたことを謝罪した。同社は、報道姿勢と相容れない行為だったと重く受け止め、専門的な情報発信を担う「ソーシャルメディア記者」を取り消したという。また小滝さん本人も「心からおわびします。深く反省しています」などとコメントした。

極左暴力集団や過激派といったテロリストの分子は、現在のところ反政府運動と在日韓国・朝鮮人の人権擁護に躍起だ。朝日新聞社にはそういった分子が多数潜伏しているという。今回はその1人が墓穴を掘って自滅した形か。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。