また在日韓国人 高1大麻所持事件で譲渡、逮捕

在日韓国青年同盟とは

京都府警北署は、12日、京都市左京区の高校1年の男子生徒(16)を現行犯逮捕していた。自宅で大麻を所持した、大麻取締法違反の疑い。また同署は、同12日、同区の無職で在日韓国人の広瀬瞳こと本名・尹瞳(イン・ドウ)容疑者(47)を同法違反容疑で逮捕していた。尹容疑者は、生徒に大麻約3グラムを現金2万3000円で譲渡していた疑い。

生徒は同日、高校近くの公園で同級生と大麻を吸引し、体調不良になった同級生が救急搬送され、消防から連絡を受けた署員が生徒の自宅を捜索したところ、尹容疑者が売りつけた大麻0.3グラムが見つかったという。生徒はすでに京都家裁に送致されている。尹容疑者は生徒の友人の母親であり、生徒に対し中学生の頃から大麻を売りつけていた。尹容疑者は、「間違いありません」と容疑を認めているという。

日本で犯罪ばかりの在日韓国・朝鮮人。日本の治安を著しく悪化させている。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。