国内のマスク品薄なのに、名古屋市長の河村たかしさんが中国に10万枚寄贈すること決定

中国人

名古屋市の河村たかし市長は、10日、中国・南京市にマスク10万枚を寄贈することを明らかにした。

名古屋市は、備蓄する36万枚の中から南京市へ送るという。名古屋市と南京市はなぜか友好都市関係。河村さんは「友人が困っていたら応援するのは自然」などと語っているという。

日本の国内のマスクが品薄状態なのは周知の通りで、なかなか手に入りにくい状況だ。日本国民を犠牲にし、ウイルス感染と買い占め&転売によりマスク品薄の原因を作った中国になぜかマスクを寄贈する河村さん。中国の政治家になった方がよさそうだ。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。