野党、なぜか中国の新型コロナウイルスや鳥インフルエンザの蔓延に全く触れない

新型コロナウイルス

もはや野党といえば国会の厄介者。日本人のためにならない言論ばかりを繰り返し、政治の内容といえば反政府運動のみ。言いがかりと文句しか言っていない印象。

現在、政府は中国の新型コロナウイルスや鳥インフルエンザの蔓延を食い止めるのに必死だ。しかし野党は、「桜を見る会」での揚げ足取りに躍起になっており、中国のウイルス問題について全く触れない。そればかりか、野党が合流する・しないのどうでもいい話し合いを真剣に議論しており、もう日本人のことなど眼中にない。立憲民主党・国会対策委員長の安住さんは「ウイルス感染の問題はほかと切り離して政府に対応してもらう」などと発言している始末。

そもそも野党は親中派が多い。そもそも中国の問題を話題にすることをためらう傾向にある。野党が国会の悪性ウイルスのような存在になっている。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。