韓国人が東京・大阪・福岡で身分偽り放題!? 韓国領事館が在日韓国人の婚姻届を直接処理

韓国人

韓国・ソウル聯合ニュースは、6日、「韓国領事館 日本在住韓国人の婚姻届を直接処理」との見出しで、在日韓国人が韓国領事館で各種手続きできるよう変更になったことを報じている。東京と大阪の韓国領事館では、1日から、在日韓国人の婚姻届を日本で直接処理できるようになった。福岡の領事館では婚姻届だけでなく、出生届や死亡届、離婚届など家族関係登録の全業務も行われるようになったという。

これは韓国大法院(最高裁)が6日に明らかにしたもの。聯合ニュースでは、「これまで家族関係登録に関する届出は、在外公館で受理した書類が韓国に送られ処理が終わるまで2~3ヶ月を要していた。大法院は昨年7月、在外国民の家族関係登録の事務所を設置し、在外公館が受理した届出をオンラインで処理するようにした。これで処理期間が平均1週間に短縮した。」と報じている。東京・大阪・福岡の領事館では、韓国から派遣された裁判所職員が家族関係登録の業務を行っており、6月1日からは、東京と大阪の領事館も出生届を取り扱う予定になっているとのこと。

これは、もしも韓国領事館に悪意があった場合、身分の偽装が簡単にできるようになったことを表している。例えば、犯罪者の個人情報を偽るため「死亡」として届けることで追跡の手を逃れたり、家族構成を偽ることで生活保護や福祉手当金を不正に得ることが可能ということだ。これまでは、大韓民国憲法のもと、在外韓国人は韓国政府が管理することになっていた。しかし、東京・大阪・福岡では韓国領事館が実質の管理を行うことに変更されたわけである。不正が横行した場合、被害を受けるのは日本だ。聯合ニュースの記事全文は以下。

(参照)

韓国領事館 日本在住韓国人の婚姻届を直接処理(聯合)
http://japanese.yonhapnews.co.kr/society/2016/03/06/0800000000AJP20160306000400882.HTML

About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。