台湾総統選 蔡英文氏が再選、史上最多得票数を獲得

台湾

台湾で、11日投開票の台湾総統選。結果は、与党民進党の現職の蔡英文(ツァイインウェン)総統が大差で再選を果たした。蔡総統は日本との関係を軸とした政治を展開することで人気を博している。

中央選管によると、開票率99%の時点で蔡氏の得票数は800万票超で、2008年に国民党の馬英九(マーインチウ)氏が獲得した約766万票を上回り、史上最多の得票率記録を達成。台湾人の親日ぶりが如実に表れた選挙結果となった。

また、台湾では中国との関係性も焦点として大きかった。蔡総統は昨年の統一地方選で民進党が大敗した責任を取って党首を辞任していたが、対中強硬姿勢を前面に打ち出して復活した形。明確かつ本気の親日・反中路線に台湾が動き出した。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。