神社に墨汁テロ中国人、有罪

蓮舫

東京地裁は、23日、中国人の胡大平被告(54)に懲役1年2月、執行猶予3年(求刑懲役1年2月)の判決を言い渡した。靖国神社(東京都千代田区)に飾られた天幕に墨汁をかけ約34万円相当の損害を与えたとする、建造物侵入と器物損壊の罪。

弁護側は「靖国神社への抗議が目的で、憲法が保障する表現行為だ」として無罪を主張。しかしそのような屁理屈が通用するはずもなく、石田寿一裁判長は判決理由で「神社にとって重要な品の幕を、相当範囲汚損して財産権を大きく侵害しており、表現の自由によっても許されるものではない」と指摘した。

地裁が外国人に対しまともな判決を行った。近年、地裁では地検が理由を明かさず外国人を不起訴にしたり、裁判になっても無罪にしたりと、不可解な判断が多かった。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。