在日韓国・朝鮮人に支配された川崎市 ヘイトスピーチで罰則決定

反日韓国

川崎市は、12日、公の場でのヘイトスピーチなどの差別的な言動を罰則付きで禁止する条例を、市議会本会議で可決し、成立させた。差別的な言動を何度も繰り返した場合、最高で50万円の罰金を科されるといい、成立は全国初となる。条例の正式名称は「川崎市差別のない人権尊重まちづくり条例」だ。

川崎市といえば在日韓国・朝鮮人だらけの街。犯罪と反日活動を繰り返す在日韓国・朝鮮人は、それらが公になるたびに「差別だ」「人権侵害だ」などと主張、自らの行いを正当化してきた。川崎市の福田紀彦市長は本会議後、「在日韓国・朝鮮籍の方だけではなく、多くの外国籍の方々も含めて、あらゆる差別をなくしていくための条例」「今まで被害に遭われた方たちは喜んでくれていると思う」などと述べたが、実質は在日韓国・朝鮮人の過剰擁護。川崎市はもはや、日本人の人権はどうでもいいらしい。

在日韓国・朝鮮人に街だけでなく議会までをも支配された川崎市。人権を盾に、これから日本人の殲滅が始まってゆくことだろう。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。