ヒアリ被害 やはり原因は中国だった

ヒアリ

環境省は、5日、東京都府中市の住宅に届いた荷物から発見されたアリ2匹について、特定外来生物のヒアリであると確認したと発表した。荷物は中国からのもの。

ヒアリが発見された荷物は、中国で製造・梱包され、輸入販売業者が販売していた。購入者が11月20日、製品の梱包を東京都府中市の住宅内で解いたところ、製品に付着したアリの死骸を発見したことで発覚した。発見されたヒアリは、死後一定時間が経過していたという。環境省は、製品を配送した輸入販売業者に対して、ヒアリの混入があったことを通知し、また、今後同様のルートで製品を輸入する際に、ヒアリその他の特定外来生物の付着・混入がないよう対策を検討することなどを依頼しているという。2017年6月の国内初確認以降、現在までのヒアリ確認事例は15都道府県、計48事例目。

生物テロともいえる中国のずさんな管理体制。故意かどうかはわかっていない。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。