石破茂さん、訪問診療費を不正請求し問題となった元歯科理事長から政治献金を受けていた

自民党・石破

総務省は、11月29日に、2018年度の政治資金収支報告書を定期公表した。それによると、石破茂さんの政治団体「水月会」が、過去に問題を起こした歯科の元理事長から、政治資金パーティーで支払いを受けていたことがわかった。

政治資金収支報告書 令和元年11月29日公表(平成30年分 定期公表)
http://www.soumu.go.jp/senkyo/seiji_s/seijishikin/contents/SS20191129/3073900055.pdf
石破 政治資金パーティー

政治資金収支報告には「春次賢太朗 300,000 H30/1/24」とある。春次さんは大阪を拠点に展開していた大手医療法人「春次メディカルグループ」の「春次歯科」元理事長で、2019年、同歯科が2010年4月~12年2月、老人ホームなどへ出向いて高齢者らを診察した際、訪問診療費を請求できる規定(歯科から16キロ以内など)を満たしていないのにもかかわらず、患者1人の診療時間が20分に満たない場合でも20分以上と偽り、不正に請求し計711万円を受給していたことが公になった。厚生局は、春次歯科は当時すでに廃業しているためとして、取り消しではなく、公表のための「取り消し相当」の処分としていた。春次さんは、当時、府の有識者会議「府指定出資法人評価等審議会」の委員も務めていた。現在は大阪府大阪市にある「医療法人大樹会 OBPデンタルクリニック」の代表者だ。

石破さんはほかにも、大阪府歯科医師連盟などからも政治資金パーティーで支払いを受けている。一体どのようなつながりがあって大阪の歯科とカネのやりとりがあるのか、石破さんの不穏な動きが気になるところだ。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。