中国「2020年末までに中国の全ての村の環境整備が完了」って、本当か?

%e6%b0%91%e9%80%b2%e5%85%9a%e3%83%bb%e8%93%ae%e8%88%ab%e4%bb%a3%e8%a1%a8

生態環境部土壌生態環境司の蘇克敬司長は29日、北京で「2020年末までに全ての村の環境整備を完了させ、その後、生活汚水処理システムと居住環境の改善を進める」と強調した。中国メディアなどが報じている。

中国メディアなどの報道によれば、農業農村部が公布した汚染処理に関する行動計画では、すでに10万1000あまりの村で環境整備事業が進み、目標の77%が達成されているという。中国メディアは「現在、各地の農村部ではトイレの排泄物処理が生活汚水処理システムの一部として取り入れられつつあり、今後はトイレの改造と汚水処理との一体化が強化されていく見込み」と報じている。

中国といえばパクリ商品や虚偽報告でおなじみ。にわかに本当だと思えない中国の取り組み。いまだに人身売買や臓器売買が横行している中国の先進化はまだまだ先だろう。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。