また在日韓国人 稲川会系組長、強要罪で逮捕

反日韓国

神奈川県警高津署は、29日、川崎市高津区新作の在日韓国人で指定暴力団稲川会系組長の金永七容疑者(72)を逮捕した。自宅マンションを自らの名義で賃貸契約するよう不動産会社に要求した、強要未遂の疑い。

マンションの名義人だった金容疑者の知人女性が昨年8月に死亡しており、その後、女性の娘が契約したが金容疑者とは同居しておらず、更新時期が迫っていたという。約1年分の家賃を滞納しており、不動産会社は契約打ち切りを事前に通知していたという。賃貸契約書の暴力団排除条項を理由に、容疑者名義の契約も拒否していたという。金容疑者の認否は明らかにされていない。

在日韓国・朝鮮人団体は、在日韓国・朝鮮人の暴力団との関与は一切ないなどと主張しているが、実態は暴力団の構成員だらけ。日本の治安を著しく悪化させている存在だ。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。