東京地裁が珍しくまともな判決 反日活動のために靖国神社侵入した在日中国人、懲役に

手錠

昨年12月、在日中国人の郭紹傑被告(55)と厳敏華被告(27)が逮捕された。反日活動のために靖国神社(東京都千代田区)の敷地に無断で立ち入り、建造物侵入の罪に問われていた。この事件について東京地裁は、10日、それぞれ懲役8ヶ月、執行猶予3年(求刑懲役1年)と懲役6ヶ月、執行猶予3年(同10ヶ月)を言い渡した。

判決理由で野沢晃一裁判長は「抗議活動は宗教施設の平穏な環境を害する」と指摘。弁護側は憲法で保障される表現の自由だなどと主張したが、靖国神社は参拝以外の目的以外の立ち入りを禁止しており、管理権を侵害しているとして却下された。在日中国人らは靖国神社内で物を燃やす、わけのわからないことをわめきちらすなどし、平穏を妨害していた。

東京地検・東京地裁といえば、在日外国人を不当に優遇し、根こそぎ不起訴・無罪にすることで有名。近年は特にその傾向が強く、司法の崩壊が叫ばれている。今回は珍しく犯罪を犯罪としてきちんと認めた形。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。