韓国で液体大麻が大流行 摘発が2年間で20倍に

在日韓国青年同盟とは

韓国の情報を伝える朝鮮日報は、4日、「液体大麻が韓国国内に拡散、ここ2年で摘発件数は20倍に」との見出しで韓国の現状を伝えた。報道によると、韓国内で「液体大麻用カートリッジ」など大麻抽出物の密輸が急増しているという。

韓国では数年前から薬物が大流行。その中でも、液体大麻が2年間で20倍摘発されているという。韓国与党「共に民主党」が指摘したことで公になった。

犯罪といえば韓国・朝鮮人。在日韓国・朝鮮人を介して日本にも薬物の類は流通させられており、日本も被害を受けている。日本の治安を著しく悪化させている。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。