また生コン関係者逮捕 1億5000万円恐喝容疑で再逮捕

辻元清美

京都府警は、4日、生コン業界の労働者でつくる「全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部」(関生支部)のトップにあたる執行委員長・武建一被告(77)と副執行委員長・湯川裕司被告(46)を再逮捕した。生コンクリート運送会社の解散をめぐる解決金と称して現金1億5000万円を脅し盗った、恐喝の疑い。いずれも恐喝未遂罪などで公判中。

2人は共謀し、2013年3月ごろ、生コン運送会社(京都市南区)が解散する際、在籍していた関生支部の組合員7人の退職金を支払う必要があるなどと因縁を付け、解決金を要求していた。理事らが従わなかったため2014年3月と6月、京都生コンクリート協同組合に加盟する生コン会社に組合員らを押しかけさせて出荷を妨害し、同年8月に1億5000万円を脅し盗っていた。府警は認否を明らかにしていない。

生コン業界はもはや暴力団並。国会議員にも懇意にしている者がいるといい、在日韓国・朝鮮人団体などとの繋がりも指摘されている。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。