香港デモのリーダー逮捕について、なぜか日本共産党が意見

共産党

極左暴力集団を束ねる日本共産党の書記局長・小池晃さんは、2日、記者会見で「香港で今起こっている運動は、市民的・政治的自由を求めるものであり、これを抑圧・弾圧することは断じて許されない。これは、人権にかかわる国際問題だ。事態が平和的・民主的に解決されるよう強く求める」などと発言した。3日、機関紙のしんぶん赤旗が報じた。

香港では「逃亡犯条例改正案」に対する抗議デモが続いている。6月以降から逮捕者は1117人に達している。香港では中国政府に反発し平和を訴え暴動が起きている状況。これとは違うが、日本共産党も極左暴力集団、過激派などを動員し平和を訴えながら実は破壊活動である反政府運動を牽引している状況だ。表面上だけ見て香港市民に同調した形か。

日本共産党から支持されたら香港市民もいい迷惑だろう。日本共産党の妄想は続いている。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。