信号無視して在日中国人が交差点に突っ込み5人死傷→東京高裁「心神喪失だから無罪」→大炎上

蓮舫

東京高裁は、29日、5人の死傷者を出した在日中国人の女性被告(36)に対し、懲役8年とした一審静岡地裁浜松支部の裁判員裁判判決を「完全責任能力があったと判断した原判決には明らかな事実誤認がある」として破棄し、無罪を言い渡した。浜松市中心街のスクランブル交差点で、2015年5月、乗用車を暴走させて5人を死傷させたなどとして、殺人と殺人未遂、道交法違反(ひき逃げ)の罪に問われた事件。

朝山裁判長は、一審で弁護側が請求した精神科医の意見を根拠に「当日は統合失調症の症状が悪化した状態で、車の発進時も(意思による統制を欠いた了解不能な)緊張病性興奮だったと推認できる」と意見、殺意も認定ていた。しかし東京高裁は、弁護側が主張する心神喪失による無罪主張を全面的に認め、「完全責任能力があったと判断した原判決には明らかな事実誤認がある」などと意見。無罪の主張を一方的に認めた。

これに対し、被害者遺族は激怒。インターネット上でも東京高裁に判断について懐疑的な意見が多く、炎上状態に発展している。

これまでも地検や地裁が在日外国人とくに在日中国・韓国・朝鮮人を一方的に不起訴や無罪にする例が多発しており、司法の崩壊が指摘されている。背景には在日韓国・朝鮮人弁護士らが暗躍しているといい、日本の治安を悪化させる狙いがあるという。在日韓国・朝鮮人弁護士らは「日本の法の支配」を念頭に活動を続けており、地裁や地検、果ては高裁にまで影響してきた形だ。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。