密漁した魚でワンコイン海鮮丼 暴力団員逮捕、略式起訴

手錠

長崎県警は、26日、指定暴力団山口組系組長の長崎市の男(51)や組員ら6人を長崎簡裁に略式起訴した。高級魚を密漁した漁業法違反の疑い。国籍や氏名などは公表されていない。

6人は共謀し、高級魚を密漁、魚は組長の親族が実質的に経営する飲食店でワンコインの海鮮丼などとして提供し、年間約3000万円を売り上げていたという。6人は、7月、長崎市野母町の海で長崎県知事の許可を得ずにボンベなどを使って潜水漁をした疑いがあるとして逮捕されていた。組長ら少なくとも3人が略式起訴され、親族と店の従業員は26日付で不起訴となった。組長と関係のある同市の繁華街の飲食店案内所からは、真空パックで冷凍保存された魚の切り身など約200キロが見つかったという。認否は明らかにされていない。

日本の治安を乱す暴力団。様々な犯罪に手を染めている。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。