台湾の親日団体、終戦記念日に日本の靖国神社に参拝

台湾

台湾の独立派「精日」団体「台湾民政府」の関係者らは、15日、東京・九段北の靖国神社に参拝した。中国メディアなどが報じている。

同団体は中国から独立をはかり、日本との国交強化を訴えている。中国政府などは同団体を危険視している。同団体は毎年8月15日の終戦記念日にあわせ靖国神社を参拝している。同団体は2008年に組織された。

中国メディアもこれを報じ、目の敵状態。「日本の天皇に台湾を帰属させようとしている」などと報じている。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。