アーカイブ:NHKの貧困捏造問題

韓国人

これまで相当数の事件を起こしてきたNHK。捏造やウソ報道を当たり前のように行い、個人では殺人、強姦などの刑事事件も多発。さらには国民から受信料を請求し、黒字経営となっているからタチが悪い。一時期は受信料の引き上げを検討していたこともあり、もはや国民の敵の様相だ。そのNHKは、2016年8月、貧困層の実態を捏造し報道した疑いがある。

NHKニュース7は、2016年8月18日、子どもの貧困問題をテーマとした神奈川県主催の講演会、および登壇した女子高校生への取材を報道した。しかし貧困とされた女子高生が2万円相当の画材を所有する様子が映り込んでいる、アニメ・漫画の関連グッズを大量所持しているなど、およそ貧困とは思えない女子高生を貧困層として報道し、炎上事件に発展。インターネット上で女子高生の身内などがNHKのヤラセを暴露する事態にまで発展したが、NHK側は「事実である」の一辺倒の回答のみ。さらには「経済的困窮によって、高校生が希望する進路をあきらめざるをえない現実がある」などと意味不明な回答を行い、論点逸らしに必死だ。現在でもヤラセについてはたびたびインターネット上で語られることがあるが、NHKは一切非を認めていない。

マスコミの腐敗の最先端を行くNHK。解体論も飛び出しているが、聞く耳持たず。今後も国民のカネで好き放題事件を起こし、闇に葬っていくことが目に見えている。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。