中国人のビザ不正更新助けた疑い 税理士ら書類送検

%e8%93%ae%e8%88%ab

警視庁保安課は、30日、税理士事務所「第一会計コンサルタント」(東京都豊島区)社長の男性税理士(75)と男性事務員(43)、法人としての同社をそれぞれ書類送検した。架空の税務書類を作成し、中国人の女らが不正に在留資格を更新するのを助けた、入管難民法違反の疑い。

男らは共謀し、会社ぐるみで中国人のビザ不正更新を手伝っていた。中国人はブローカーとも繋がっており、実際は経営していないにもかかわらず、会社を経営しているというウソの書類を作成、外国人が日本で起業する場合などに取得する「経営・管理ビザ」を不正に取得しようとしていた。容疑者らの認否は明らかにされていない。

日本で犯罪を重ねる中国人。それを助長する売国企業たち。ほかにも同様の手口で中国人の不法入国、不法滞在を幇助している会社は相当数あるとされる。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。