また中国が台湾に暴挙 中国政府、台湾への個人旅行を禁止

%e8%93%ae%e8%88%ab

中国文化観光省は、7月31日、中国国内47都市から台湾への個人旅行を認める制度を8月1日から一時的に停止すると発表した。中国本土から台湾への出張や団体旅行は引き続き認められるという。

台湾の蔡英文(ツァイインウェン)総裁の訪米などをめぐり、中国が猛反発。その制裁措置とみられる。今年中国政府が発表した国防白書では、蔡政権を国家の安全と社会的安定を脅かす脅威と位置付け、今後も台湾に対し中国の圧力は続いてゆく見込み。

中国の横暴は数知れず、民主主義人民国家を標ぼうしているものの、その実態は一党独裁制。新疆ウイグル自治区は特に有名で、いまだに虐殺が続いている有り様。中国はアジアを統一しようとしており、在日中国人が日本に大量に寄生しているのもそのための布石。犯罪国家だ。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。