日本のチーズケーキが海外で大人気

チーズケーキ

日本のチーズケーキが海外で大人気だという。アメリカをはじめ、ヨーロッパにも日本のケーキ店が進出。日本のケーキは独自発展を遂げたものが多いが、その中でも日本のチーズケーキがブームを作りつつある。

海外のチーズケーキというとどっしりとしたものが主流で、濃厚さが魅力。一方日本のチーズケーキは、軽い食感であり甘さも控えめ。しかし風味が抜群に効いているものが主流だ。外国人にとって驚きなのが、日本のチーズケーキのふわふわさのようだ。日本人の舌に合うものは繊細な味や食感が特徴。それが外国人にも受け入れられつつある。人気店になると30分待ちは当たり前、予約も1ヶ月先まで埋まることがあるといい、日本風チーズケーキのレシピ本も売れに売れている。

なぜ日本のチーズケーキが人気になったのか詳細は不明だが、一説には漫画・アニメの影響が強いという。日本のかき氷やナポリタン・スパゲッティーなどもアニメをきっかけに存在を知った外国人が多いといい、今では人気になっている食べ物だ。思えばアニメがきっかけで忍者や侍といった日本特有の存在も外国人が知るきっかけとなった。今後も日本人にとっては当たり前のものが外国ではブームとなることが予想される。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。