いじめ大国・韓国で職場のパワハラ防止法施行

在日韓国青年同盟とは

韓国で、16日、職場でのいじめ行為を禁止する改正労働基準法いわゆるパワハラ防止法が施行された。対応が不十分な雇用主は、最長3年の禁錮刑や、最大3000万ウォン(約275万円)の罰金などが科せられるという。

韓国でいじめは文化。職場でのいじめ体験は全体の7割以上とされており、同法の施行により相当数の逮捕者が出ると予想されている。韓国で労働者の10人に1人は訴訟や相談などを行っているといい、これによりさらに増えるとも予想されている。

犯罪が横行する韓国では、いじめは当たり前。パワハラ防止法の施行は世界に向けたパフォーマンスという予想もあり、闇に葬られるいじめも多数出そうだ。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。