アーカイブ:フジテレビの韓国優遇・日本人差別問題

フジテレビ ロゴ

韓流ゴリ押しの筆頭、フジテレビ。2010年頃からさかんに韓国をゴリ押しし、日本人を差別する放送を行い、今や低視聴率の王様に。その手口たるや、テレビでは禁止されているサブリミナルも使う強引さ。韓国のあまりのゴリ押しっぷりには在日韓国・朝鮮人からも「反感を買われる」として反発を受けたフジテレビ。もはやまともな視聴者はいない。そのフジテレビは、2015年6月5日、「池上彰緊急スペシャル!」を放映、事実と異なる放送を行い、謝罪に発展している。

同放送内で、韓国人に対してインタビューした場面。映像と異なる吹き替えを使用し、大炎上した。韓国人男性が「過去の歴史を反省しない」と言っている映像には「日本人にはいい人もいますが、国として嫌い」などと発言を捏造、また韓国人女性が「韓国には文化がたくさんあります」と言っている映像には「(日本は)嫌いですよ。だって韓国を苦しめたじゃないですか」などと発言を捏造。あからさまな韓国ゴリ押しと日本人差別が垣間見られる捏造。しかし当のフジテレビは捏造を認めず、「編集ミスに加え、最終チェックが不十分だった」などと謝罪。その謝罪も、3週間も経過し炎上が沈静化し始めた6月29日にひっそりと行う始末。メディアとしての自覚がないようだ。

もはやまともな大手マスコミがない日本の現状。一度すべてを解体し、本当に必要なものだけ残すべきではないのか。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。