また在日韓国人 賭博上を開き賭け麻雀、暴力団員逮捕

韓国人

宮城県警暴力団対策課は、14日、指定暴力団稲川会系組長・川村公美(まさみ)容疑者(70)、在日韓国人の原農(はらのう)昌二こと姜(きょう)昌二(51)容疑者、早坂登代子(73)容疑者、青木一勝(としかつ)(77)容疑者、佐藤圭(45)ら5人の暴力団関係者を逮捕した。賭博場を開いて金銭を賭けた賭けマージャンをし、客から利益目的で場所代を徴収したなどとする、賭博場開帳等図利と賭博などの疑い。

在日韓国人らは、14日午後3時20分ごろ、仙台市青葉区内のマンションの一室で賭博場を開き、客に賭けマージャンをさせ、利益目的で場所代として金銭を取っていた。姜、早坂の両容疑者は賭博が行われていることを知りながら客の接待をするなどし、青木、佐藤の両容疑者は客として賭けマージャンを行っていた。同課では集客方法などについても詳しく調べているといい、認否については明らかにされていない。

日本で犯罪ばかりの在日韓国・朝鮮人。当の在日韓国・朝鮮人らは暴力団組織とは関係ないとしながらも、実際は暴力団には在日韓国・朝鮮人ばかり。日本の治安を著しく悪化させている。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。