詐欺で暴力団員逮捕

手錠

山梨県警組織犯罪対策課と富士吉田署は、7日、指定暴力団住吉会系組員で鳴沢村の解体業の天野忠行容疑者(61)を逮捕した。暴力団組員であることを隠して金融機関から融資金1100万円を騙し盗った、詐欺の疑い。

天野容疑者は、2016年から2017年にかけ、都内の金融業者から、暴力団員であることを隠して、合わせて1100万円を騙し盗っていた。調べに対し天野容疑者は容疑を認めているといい、県警などは、騙し盗った金が暴力団に流れているとみて調べを進めていくという。

日本の治安を著しく悪化させている暴力団。日本の敵だ。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。