発展途上国・中国 上海がようやくゴミ分別を条例化するも、理解できない人民が大混乱

3r

中国・上海で、7月1日からゴミの分別が条例施行された。しかし発展途上の中国ではゴミの分別が理解できない人民が続出。大混乱を招いている。

ゴミの分別は「燃えるゴミ」「ペットボトルなどの再利用できるプラスチックゴミ」「再利用できないプラスチックゴミ」「不燃ゴミ・危険ゴミ」の4種類。しかし教育がままならない中国ではそれらを理解できない人々が続出、大混乱状態だ。上海市では施行を前にインターネットなどを活用した啓蒙活動を展開。ところが「理解できない」「めんどくさい」を理由に混乱が生じており、早くも挫折寸前。まさかのゴミ捨て代行サービス業者まであらわれる始末。人民の不満は高まり続けている。

現代社会に適応できない中国社会。発展途上から抜け出すのはまだまだ膨大な時間がかかりそうだ。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。