また在日中国人 不法就労を助長、逮捕

蓮舫

神奈川県警国際捜査課は、26日、千葉県松戸市胡録台の在日中国人で自称無職、李華江容疑者(55)逮捕した。短期滞在の在留資格しか持たない中国人を工事現場などに斡旋し(あっせん)て働かせたとする、入管難民法違反(不法就労助長)の疑い。

李容疑者は、昨年9月21日、短期滞在の在留資格しか持たない中国人を内装業者に紹介して雇い入れさせ、不法就労を斡旋していた。李容疑者は中国のブローカーと連絡を取り、成田空港で不法就労目的の中国人を迎え、手配していた偽造在留カードを渡し、国内の内装業者に引き渡していたとみられる。中国人は現場管理者に身分証として偽造在留カードを提示し、川崎市麻生区虹ケ丘の工事現場などで働いていた。調べに対し李容疑者は、「中国人に日本での仕事先を紹介したが、在留資格は知らなかった」と容疑を否認しているという。

日本で犯罪ばかりの中国人。在日中国人は本土の中国人を呼び寄せながら犯罪組織を大きくし、日本人をターゲットに犯罪ばかりしている。日本の治安を著しく悪化させている存在だ。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。