中国人ハッカーが世界を相手取り大暴れ 少なくとも有名10社が被害に

蓮舫

米国のサイバーセキュリティ企業は、中国政府の支援を受けたとみられる複数のハッカーが、世界の通信事業大手少なくとも10社の携帯電話ネットワークに侵入し、ユーザーの位置情報やテキストメッセージ記録、電話履歴を盗み出していたことを明らかにした。報告したのは米国のサイバーセキュリティー会社、サイバーリーズン。

報告書によると、数年間にわたるサイバー攻撃は、軍当局者や反体制活動家、スパイ、法執行当局者ら計20人を対象にしていた。全員が中国と関係があるとみられ、対象地域はアジアや欧州、アフリカ、中東に及ぶ。ハッキングは現在も続いているという。中国人ハッカーらは中国政府から支援を受けているといい、今後も世界の企業を相手取り、サイバー攻撃を続けていく可能性があるという。

中国政府はこれまで一貫してサイバー攻撃を行ったことはないと主張、むしろ中国政府が世界から攻撃されているとまで説明。もちろん虚偽だ。なお、日本企業も攻撃を受けている。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。