朝日新聞社、今年も信頼は過去最悪

朝日新聞 ロゴ

ジャーナリズム業界の現状を報告する、オックスフォード大ロイタージャーナリズム研究所の「Digital News Report 2019」が公表された。それによれば、38ヶ国、計7万5千人に及ぶ調査を実施しており、日本の媒体ではNHK、Yahoo News、日経と朝日の4媒体を取り上げている。その中で、朝日新聞の信頼が一番悪いことがわかった。

格付けによると、朝日新聞社の信頼は10点満点中、5.39。ローカル紙にも負けているような状況。しかしその現状について報告では「日本のジャーナリストは(中略)世界で一番、まともな仕事をしていると思っているよう」とコメント。日本のマスコミの腐敗について報告された形だ。

朝日新聞社、NHK、毎日新聞社その他、反日・偏向・印象操作などが目立つ新聞社は、極左暴力集団や過激派、在日韓国・朝鮮人組織との癒着が次々とばれている。マスコミの地位を利用した報道テロばかりが目立つ形だ。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。