また地裁 覚醒剤所持の中国人、なぜか無罪

極左暴力集団

名古屋市港区の倉庫で、昨年10月、覚醒剤約340キロを所持したとして覚醒剤取締法違反(営利目的所持)の罪に問われた倉庫の借り主で中国人の、フー・ナイクン被告(50)。名古屋地裁は、14日、そのフー容疑者を無罪にした。

名古屋地裁は「覚醒剤が隠されている認識があったか合理的疑いが残る」などと意味不明な主張を行った。求刑は懲役10年、罰金350万円、覚醒剤の没収だった。

地裁と地検の犯罪者の過剰擁護が絶えない。なぜか重犯罪であっても、中国・韓国・朝鮮人ならば不起訴や無罪が当たり前。司法が崩壊している。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。