また在日中国人 組織ぐるみでベトナム人の不法就労助長、逮捕

%e8%93%ae%e8%88%ab

兵庫県警組織犯罪対策課は、3日、兵庫県尼崎市水堂町の自称・人材派遣会社社長で在日中国人のソニンバヤル容疑者(35)ら2人を逮捕した。法在留のベトナム人7人を兵庫県内の工場に送り込んで勤務させた、入管難民法違反(不法就労助長)の疑い。

容疑者らは共謀し、昨年4~9月、不法に在留していた20~30代のベトナム国籍の男性7人を、同容疑者が経営する尼崎市内の人材派遣会社から県内の携帯電話の部品製造工場に派遣し勤務させていた。県警は昨年9月、技能実習生の資格で入国するなどしたベトナム国籍の男女30人を摘発していた。いずれも「定住者」と記載された偽造在留カードを作成した上で同容疑者側から県内の工場に労働者として派遣されており、今後も県警はカードの入手ルートなどを捜査していく方針。容疑者らはいずれも容疑を否認しているという。

在日中国人は日本に本土の中国人を連れ込み、犯罪組織を拡大させており、日本人をターゲットに犯罪を行っている。日本の治安を著しく悪化させている。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。