また在日韓国人 弁護士に成りすまし離婚問題を抱える男性から現金詐取、逮捕

韓国人 反日

埼玉県警捜査2課と春日部署は、15日、春日部市一ノ割3丁目、無職の夫(58)と、在日韓国人で無職の妻(54)を逮捕した。弁護士を装って訴訟費用名目で現金をだまし取った、詐欺の疑い。氏名は公表されていない。

両容疑者は、2013年8月29日、弁護士と偽り、離婚問題を抱える静岡県沼津市の会社員男性(51)に、「慰謝料請求などの裁判手続きに入る」「裁判所への供託金は180万円です」などと虚偽のメールを送信し、自分名義の銀行口座に183万円を振り込ませて騙し盗っていた。両容疑者と男性は、男性の姉を通じて知り合い、県内で面会し、架空の法律事務所名や弁護士と記載した名刺を渡して信用させていたという。訴訟が進まないことを不審に思った男性が夫の弁護士登録を確認して騙されたことに気づき、15年2月ごろ、春日部署に相談した。訴訟は実際に提起されていないという。県警は認否を明らかにしていない。

日本で犯罪ばかりしている在日韓国・朝鮮人。日本の治安を著しく悪化させている。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。