韓国サムスン、不正会計がばれててんやわんや

韓国人

韓国検察は、7日、韓国サムスン社のセキュリティー担当社員の逮捕状を裁判所に請求した。韓国サムスングループの医薬品受託製造会社サムスンバイオロジクスの粉飾会計問題によるもので、会計操作に関する証拠隠滅に関わった疑い。韓国メディアなどが伝えている。

検察は同日、ソウル郊外にあるサムスンバイオロジクスの工場を家宅捜索し、工場の床の下から同社のサーバーを押収した。検察は不正行為を示す証拠がサーバーのなかに残されている可能性があるとみて、データの解析を進めるという。逮捕状を請求された社員がサーバーを床下に隠したとされる。

世界中から政治や歴史、製品にいたるまで、信頼を落とし続けている韓国。2010年頃、韓国は「韓国の世界化」を声高らかに宣言していたが、知られるのは韓国人の犯罪性のみ。日本でも、度重なる反日行為で断交論が噴出している。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。