立憲民主党・枝野さん、あれだけ野党共闘しないと言っていたのに結局共闘の構え

枝野幸男

立憲民主党代表の枝野幸男さんは、5日、夏の参院選に向けた全国遊説の一環で京都市内で街頭演説した。枝野さんは記者団に、「自公とその補完勢力の議席を最小化させることに向けた決断で、大変な勇断だと思うし、敬意を表したい」などと述べた。

立憲民主党は、3月26日にまとめた活動方針で、次期衆院選の候補擁立を急ぐ方針を示し「前回他党や無所属で立候補し、立憲民主党と政策理念を共有する方」を公認の対象に含めると明記していた。国民民主党など他党の議員らの「引き抜き」の示唆も行っていた。この時点では共闘よりも単独主義を優先する構えをとっていた。しかし4月に入ると状況は一変、結局共闘することも視野に入れ始め、5月、共闘で決着した形。左翼お決まりの言論不一致だ。

3月時点では「野党再編は嫌い」などとも語っていた枝野さん。結果としてまたもや共闘路線を取ってしまった。これが左翼の信用のなさに繋がっているのだろう。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。