韓国、発展途上のくせに経済成長率たったの2.5% 末期状態

韓国人

韓国中央銀行は、18日、2019年の韓国のGDP(=国内総生産)成長率見通しをこれまでより0.1ポイント低い2.5%に下方修正した。半導体を中心にした輸出の低迷などで4度目の下方修正になった。

韓国では製造はもちろんのこと、農林水産業やその他も大低迷。元々が海外への輸出を頼りにしていたにもかかわらず、質の悪い商品のせいで自滅状態。1年間で4度目の下方修正となるなど、大混乱になっているようだ。

この状態であるにもかかわらず、日本に存在する韓国へ出資を続ける不届き企業たち。韓国との関わりを積極的にもとうとする企業には近づかないことが大切だ。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。