在日韓国・朝鮮人は日本人をしきりに「レイシスト」呼ばわりしているが、実態は・・・?

韓国人

日本で犯罪ばかりしている在日韓国・朝鮮人。問題なのは、反日感情を理由に全く悪びれることなく日本人をターゲットに犯罪をし続けていることだ。さらには、それを糾弾すれば日本人を「レイシスト(=人種差別主義者)」呼ばわり。在日韓国・朝鮮人には「郷に入っては郷に従え」といったことわざや性善説は全く関係ない。日本人とは全く別の人種だ。

ところで、本物のレイシストはどのような存在なのだろうか?例えば中東の地域では、一時期、考え方や宗教の違う者を集団で襲い殺害し、それを動画におさめインターネット上で公開、自己権力をひけらかすようなことがブームとなっていた。またヨーロッパでは、労働力として黒人奴隷を使役した歴史があるのは周知の通り。現在でも根底には差別的感情があり、仕事の種類によって「ブルーカラー(第一次産業従事者)」「ホワイトカラー(中間層・第二次産業従事者)」などと呼称されている。その他各国、差別は現在においても行われており、出生、性別など様々だ。

日本ではそもそも外国人差別はない。在日韓国・朝鮮人の言う差別とはいわばでっち上げであり、反日思想の上で成立している出鱈目である。日本人をレイシスト呼ばわりするそれそのものが日本人への差別行為である。郷に従えないのであれば、在日韓国・朝鮮人はさっさと日本を去り、本来の住み家へ帰還すべきだ。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。