立憲民主党、反日ではないため候補者の公認を取り消し

金正日

立憲民主党は、2日、夏の参院選比例区から公認候補として立候補する予定だった弁護士の落合洋司氏(55)の公認取り消しを発表した。

落合氏は、自身のTwitter上で「韓国のようなごろつき、三等国家」などと発言を繰り返していた。これについて、立憲民主党は「差別的発言にあたる」とし公認を取り消した。立憲民主党は、本人から出馬辞退の申し出があり受理したなどとしている。

基本的に反日と反政府の思想が全てになってきている立憲民主党。国民のための政治をしないどころか、もはや政治すらしているのか危ういところ。末期状態だ。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。