韓国・ソウルが日本製品不買条例案 隠れて日本製品買っている層が大反発し混乱へ

反日韓国

韓国・ソウル市議会に提出され審議中の「日本製品不買」条例案。韓国はもはや反日感情がなければ民族を統制できない悲惨な状況。経済の悪化や自らの犯罪性による治安の悪化により、韓国の若者層は海外への逃げ出しをはかっている。そのため、あることないこと全て反日に結びつける末期状態。そしてついには条例として反日活動を斡旋。いよいよ国交断絶もあり得る状況だ。

しかし、メイド・イン・ジャパンは世界中で質の良い製品との認識。見栄だけは一人前の韓国人は、隠れてメイド・イン・ジャパン収集をしている者もいる。そのような中で、日本製品不買条例に反発する層が現れた。ただし韓国で反日は当然であるからか、面と向かっては反発できず、「日本製品好きはファッションであるため、自由を奪う行為」などと苦しい言い訳。このままだと本当に不買条例は成立してしまいそうな勢いだ。

不買条例は日本にとっては好都合。韓国企業の違法コピーの可能性は少なくなるし、断交への好機とも言える。いっそのこと流通どころか人の往来も禁止した上、在日韓国・朝鮮人の帰還事業も促進すれば、日本の治安は格段に向上するだろう。日本にとって韓国は敵国以外の何ものでもない。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。