また在日中国人 共謀し不正アクセスで1億9000万円不正送金、逮捕

%e6%b0%91%e9%80%b2%e5%85%9a%e3%83%bb%e8%93%ae%e8%88%ab%e4%bb%a3%e8%a1%a8

警視庁サイバー犯罪対策課は、15日までに、東京都品川区の在日中国人で都内の私立大3年、林航容疑者(23)を逮捕した。在日中国人の犯罪組織と共謀したとみられ、インターネットバンキングに不正アクセスし、約32万円を別の口座に送金して引き出した、不正アクセス禁止法違反や窃盗などの疑い。

林容疑者は、昨年8月16日、共謀して銀行のネットバンキングに不正アクセスするなどして、現金を盗んだ疑い。約9000万円が引き出されたことを確認している。総被害額は1億9000万円にも及ぶ可能性がある。大半は中国に送金されたという。林容疑者は現金の引き出し役で、警察は他に不正アクセス役がいるとみて捜査している。

日本で犯罪組織を大きくしながら、日本人をターゲットに犯罪ばかり行っている在日中国人。日本の治安を著しく悪化させる原因となっている。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。