訪日外客数、2018年は過去最高の3119万2000人

難民

日本政府観光局(=JNTO)は、2018年の訪日外客数が過去最高の3119万2000人に達したことを公表している。

訪日外客数は2013年より急増。世界の日本ブームにともない、また2020年東京五輪開催も決定したことから注目度が向上、ここ10年間で訪日外客数は4~5倍に増えた。住みよい都市、外国人に友好的な国、環境の良い国などのランキングにも当然のようにランクインし、もはや日本は世界に誇る観光大国だ。

しかし懸念されるのは、悪意ある外国人への対応が甘すぎることだ。中国人・韓国人などは、犯罪を行うために日本にやって来る例も多発、不法滞在しながら日本人をターゲットに犯罪三昧。さらにテロに対する取り組みもいまだ発展途上。コピー商品などが大量に海外で出回っていることも確認済み。外国人犯罪をいかに食い止めるか、また犯罪目的の外国人をいかに日本国内に入れないかが今後のカギのはず。日本政府観光局は、2020年東京五輪に向け、年4000万人の外国人を日本国内に入れようとしている。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。