【2chの反応】米韓関係は事実上終了

韓国人 反日
1: ■忍法帖【Lv=13,ぶとうか,tdu】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 2019/01/22(火)11:55:27 ID:???
2019.1.21
 駆逐艦による海上自衛隊のP1哨戒機への火器管制用レーダー照射や、いわゆる「元徴用工」裁判の判決など、日本に敵対する行為を続けてはばからない韓国。北朝鮮や中国など共産主義国家を利するだけの蛮行に、日本の同盟国である米国も怒り心頭だという。国際投資アナリストの大原浩氏は寄稿で、韓国がかつての南ベトナムのように崩壊する恐れがあり、日本も備えが必要だと警鐘を鳴らす。
徴用工
 海上自衛隊のP1哨戒機が韓国海軍の駆逐艦に火器管制用レーダーを照射された問題は、日本国民を激怒させただけではなく、米国との関係悪化にもとどめを刺し「韓国崩壊」を決定づけたといえる。
 2015年に起こった、リッパート駐韓米国大使襲撃事件は、あと1~2センチ傷がずれていれば死に至ったかもしれないという深刻なものであり、入院先の病院で大使は「これは私個人への攻撃ではなく米国への攻撃である」と語った。
 そもそも、この事件の犯人は10年に日本の駐韓大使だった重家俊範氏襲撃事件で捕まっていた。しかし、同行していた女性が負傷したにも関わらず、収監されずに野放しにされた。韓国政府(裁判所)の責任とも言える。
(以下略)
https://www.zakzak.co.jp/soc/news/190121/soc1901210004-n1.html

2: 名無しさん@おーぷん 2019/01/22(火)12:01:06 ID:J7F.wj.op
日韓断交
米韓断交はよ

3: 名無しさん@おーぷん 2019/01/22(火)13:15:35 ID:BRY.sk.vp
> 韓国の人口は約5000万人であり、その1%でも50万人、5%なら250万人である。大挙して日本に押し寄せてきた際の対応策を真剣に考えるべきではないだろうか。

皆殺しにする手段を用意しないとな
その前に国内で手引きする連中を殲滅する必要があるけど

4: 名無しさん@おーぷん 2019/01/22(火)13:42:43 ID:L5J.vi.ki
確かに、正恩のほうが交渉相手としてはマトモかもしれん。

5: 名無しさん@おーぷん 2019/01/22(火)14:43:51 ID:LQm.be.hx
アメリカに見放されたら中国に乗り換えるだけの簡単なお仕事です

8: 名無しさん@おーぷん 2019/01/22(火)16:45:23 ID:jXt.7u.mv
朝鮮人を自国から出さないようにしている分
北朝鮮のほうが少しマシだな

9: 名無しさん@おーぷん 2019/01/22(火)16:47:49 ID:vjX.en.ok
外貨稼ぎのため他国に派遣する奴隷商をやってるだろ
そして立場がよくなればすぐさま後から被害者面するだろう

15: 名無しさん@おーぷん 2019/01/22(火)17:40:04 ID:KIq.nv.5y
そういや正男が消されたのも酋長システムの一環と言えばそうだもんな

19: 名無しさん@おーぷん 2019/01/22(火)18:26:09 ID:6IQ.be.5y
いまだに中世の思想しか持っていない”時代遅れの国”とつきあうのは、もう無理だな。
日本には上陸を阻止するしか無かろう…。

28: 名無しさん@おーぷん 2019/01/22(火)21:24:11 ID:m8b.jp.gh
半島有事が起こった時
韓国軍は、中国軍に銃を突きつけられながら
最前線で日米と戦端を切らされると予想
哀れな韓国
アジアのピエロ
カマセ犬

31: 名無しさん@おーぷん 2019/01/22(火)21:32:43 ID:sVw.7e.mv
米軍が撤退する前に邦人の帰還シナリオをきちんと練っとけよ内閣官房

33: 名無しさん@おーぷん 2019/01/22(火)21:54:20 ID:6IQ.be.5y
>>31
ホント、これは重要だよな。
特に婦女子の皆さん方に対しては…。

44: 名無しさん@おーぷん 2019/01/23(水)05:28:13 ID:jsB.vz.mw
韓国が滅びても、対中番犬はポチがいる

16: 名無しさん@おーぷん 2019/01/22(火)17:44:07 ID:Dhp.nk.1v
崩壊後の南の難民対策として、外国人受け入れ法案も可決したしな、
あとは待ったなし。



抽出スレ:https://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1548125727/


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。