アーカイブ:朝鮮105人事件

反日韓国

105人事件[Wikipedia]とは、寺内正毅朝鮮総督暗殺計画に関わったとして、1911年に朝鮮の独立運動家約700人が検挙、翌年105人が一審有罪となった事件。容疑者にキリスト教徒が多く含まれていたため米国人宣教師などから批判が高まり、日米問題にまで発展した。

当時、朝鮮では一部の活動家らにより独立の動きが高まっていた。そのような中、視察中の寺内を暗殺する計画が朝鮮にあることを突き止め、朝鮮総督府は、同年9月までに約700人の朝鮮人を逮捕した。テロは未然に防げたものの、逮捕者の多くがキリスト教信者だったため、アメリカとの対立を恐れた日本は及び腰となり、アメリカの助けも借り、朝鮮は朝鮮総督府が自白を得るために逮捕者を拷問したと主張した。これにより99人に無罪の判決が下り、日本は事実上、泣き寝入りした。

朝鮮は今も昔も反日思想丸出し、そしてテロを好む。現在も日本は韓国・北朝鮮によりテロの脅威にさらされている事態だ。現在、韓国のレーダー照射テロ事件が問題となっているが、氷山の一角に過ぎない。世論は韓国との国交断絶を求める声が相次いでいる。自民党内でも韓国に制裁を求める声が出て来ているというが、いい加減口だけではなく、そろそろ本当に制裁すべきときが来ている。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。