文部科学省が外国人受け入れのために夜間中学設置推進

難民

文部科学省は、夜間中学設置推進・充実協議会を開催することを公表している。協議会は25日に開かれ、第2回目となる。

夜間中学設置は外国人材の受入れ・共生に関する総合的対応策を目的としており、文部科学省は各都道府県に1校は設置されるよう、その設置を促進している。夜間中学は、元々は身体障害・不登校等で中等教育の学び直しが必要とされる者のために設置が議論されてきていた。なぜか外国人受け入れに流用されている。

ただでさえ外国人の増加で治安悪化が懸念されている現在。外国人の教育がなぜ夜間中学でなければならないのか謎は多い。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。